魔法使いの使い方 ~使いどころはいずこや?~

千星華(チセカ)

戦え魔法使い
バージョン1の花形スターだったあの頃を知っている人は古参。
こんばんは、千星華です。


皆さん、魔法使いにスキル振ってます?
ここ最近はエンドコンテンツに出番がないのでパッシブだけ取って、後は武器に全振りしてる人も多そうな魔法使い
バージョン1やレグナードではまさに主砲と言っていいほどの大活躍ぶりだったけど、今は占いや天地に活躍の場を譲ってる状態。

一応マヒャデドスの射程距離アップや、メラゾーマのパワーアップは予定されてるけど、今後魔法使いはどうなるの?
そもそも魔法使いって、今はどこで使うの?

そんな事を考えてみます。


戦え魔法使い2


魔法使いの魅力は、何と言っても魔力かくせい+超暴走魔法陣のコンボによる超火力。
属性耐性がない敵に対して、安定して大ダメージを与えられます。
また近づかずに敵を攻撃できるので、魔蝕などの範囲技の外からちまちま削っていくことも可能です。
(無論変な方向に逃げれば近づかれて当てられるけど)

とは言え、コンボのためには魔力かくせい+早読み+超暴走の下準備が必要という大きな問題を抱えているのも事実。
プラス、混戦になると打たれ弱いのですぐにやられるし、何より属性耐性が高い敵だと何にもできない状態。
とてもじゃないけど、エンドコンテンツに出せるような状態ではなくなってしまいました。


戦え魔法使い3


しかし、その他ならどうでしょう?
例えば天獄。
天獄での条件には「マホカンタで跳ね返す」があります。
また影ネルゲルのように連続ドルマドンや神速メラガイアーなどを主流にしている敵に対し、マホカンタはかなり強力です。早読みを使って味方に撒くだけでも、だいぶダメージソースが期待できます。
(今後物理攻撃が主流になる可能性も否めないけどOTL)

千星華は、邪神1獄&天獄やナスガルド、試練でももちーを魔法使いにしています。
と言うのも、まだまだこれらのコンテンツに対して魔法使いはまだ強いと思っているからです。
距離を離して魔法を撃ち、状況に合わせてマホトーンやラリホー、マホカンタを使う。味方が死んだら復活の杖で起こす。もしもの時に備えて活命も使う。
華やかな活躍は見込めずとも、難易度高めのコンテンツを楽に手早く進めたいなら魔法使いは使えるそう思うんですよね。


戦え魔法使い4


……でも正直、占いや天地に負けていると言われても仕方ないとは思います。上にも書いたけど、最高火力を出すために必要なターンが多すぎるんですよね。
占いは火力アップの特技がチャージタイム付、天地は底上げ方法がないのと消費MPがとんでもなく高いという弱点はあるけど、魔法使いの弱点よりかはまだマシでは?と思えるんですよね~。

魔法を撃ってる時でも動けるようになる特技(ただしスライド移動w)が来るとか、そんなテコ入れが必要な気がするんですが、どーでしょ?

千星華でした。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply