平成ジェネレーションFINAL観てきました

千星華(チセカ)

オーズ好きと万丈好きはお勧め。マジで。
感想はいつも通り追記にて







・ビルドはマスター=ブラッドスタークまで進んでる。ついでに前作エグゼイド映画と最終話手前のゲンム襲撃も含めての流れ。
 パンフ曰く、12月10日までの話が終わってるんだそうで。
・何人かが推測していた通り、パラドとゲンムを襲撃したビルドは葛城ビルド。
 何故エグゼイドボトルを持っていたかまでは語られていないけど、マスターが握らせたのかね?
・オーズ~エグゼイドまでは同一世界で、ビルドだけパラレル。まあ日本が分裂してるからね。
・葛城巧はエニグマシステム完成に協力しつつ、対抗策としてこっそりエグゼイド世界に行って要素かっぱらって来たりと割と万能。
 でも本当に何をやりたいのやら。
・主人公が完全に万丈。戦兎はブレインポジションだった。そして相変わらずの冴え渡ったツッコミ。
・クローズ「あー! いいなそれ! でも見た目ダサいな!」
 ビルド(まんまエグゼイド)「ほっとけ!」
・ネビュラバグスターの服の色がプクリポっぽいぞ。
・パラド「ビルド世界に迷い込んで2年」その時の話はVシネだな解るぞ。
・タケル殿は序盤からちょくちょく顔を出すけど、紘汰と弦太朗はちょい出番少なめ。やはり大量に出番用意できなかったか…。
 映司は特別枠。これ重要な。
・御成VS檀黎斗神。コメディリリーフ対決!
 なお御成の方が一枚上手だった模様。
・万丈「あいつバカか?」うん。
・ライダーになりたての万丈。ライダーの生きざまがいまいち解らず、いろいろ悩んでる状態。最後でようやく理解したようだし、本編でそこらの掘り下げはなさそう。
・逆にちょい影薄いブレイブ・スナイプ・レーザーの3人。でも微妙に目立つ貴利矢。
・割れたケースにあったメダルとスイッチ?。残りのケースも割れると思ったら割れなかった。おーい。
・後半からは完全にオーズ映画版。そのためオーズ観てる人は確実に泣けること請け合い。出てきたロストアンクが違うアンクでも助けたくなるのが映司。
・万丈を助ける時に手を伸ばすのは映司しかおらんよな、と思ったらちゃんと映司でした。
・回想で出てくるアンクがアイス食ってばっかりなのはどうなの映司?w これではオーズ未視聴の人が「アンクはアイス食べるだけの手が変な人」でインプットされてしまう。
・眼魔&インベス「出番なかった」
・キメ台詞でもめるライダーたち(映画版)
・武器はバイクのライダー無双。爆発した車は何か意味あるのかと思ったら演出だけだった!
・不老不死を裏技でキャンセル。そしてエリアルコンボ。ゲームか!
 ゲームだった。
・最後は御成が大天空寺に戻ったり、映司とアンクがちゃんとお別れ「また今度」をやったりと大団円。そんな中エグゼイドで飛び交うパンダのぬいぐるみ。
 神のセンスは我々には理解できない。
・最後に登場した仮面ライダーグリス? 声は伏せられてた。戦場で会おうと言ってたんで、ナイトローグ&ブラッドスタークと同じタイプかね。
・あまり聞き取れなかった台詞で面白そうなのもあったんで、今回はDVD出たら買いたい。改めて聞きたいのが多すぎるぜw

というわけでオーズ好きは見るべし。映司とアンクでぼろ泣き確定ですよ。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply