ももちー&ルファイのDQ10雑談会その4

千星華(チセカ)

ももちー「今回はDQ10だけでなく、オンラインゲーム全般での問題だから、カテゴリをゲームにしたよ~」
ルファイ「と言うわけで、今回の課題は

     アカウントハックを防ぐには

     これについて話してみようかと思います」


ももちー「……他のブログでも結構話題になってるのに、何で今更?とも思うよね」
ルファイ「それ以上に、アカウントハックされた!という被害報告が多いですから」
ももちー「んじゃ早速、軽くアカウントハックについて。
     これは単純に言えば『赤の他人に自分のアカウントを奪われる事』です」
ルファイ「この『赤の他人』は大体がデータを盗むためにやっていることなので、やられたら間違いなく自分のデータを悪用されると思ってもいいでしょう」
ももちー「DQ10では8割以上が業者……リアルマネートレード(RMT)関係者がこれをやってるね。
     だから、ハックされたら身ぐるみ剥されて売られた挙句、捨てられることが多いよ」
ルファイ「正式な手順で運営に被害報告をすれば、売られた物は戻ってきますが、全てが元通りというわけではありません。
     なので、自己防衛はとても大事です」
ももちー「そしてこれだけは声を大きくして言いたい」

・「自分は大丈夫だ」と思う気持ちは捨てる

ルファイ「ハックされる人の大半は、こう思っていた人が多いです。
     ・ウィルススキャンしてるから
     ・パスを複雑にしてるから
     ・怪しいサイトは全然踏んでいないから
     ・周りでハック被害がないから
     ・そもそもお金やレアアイテムをそれほど持っていないから
     などなど、様々な理由で『大丈夫だろ』と考えてしまい、対策をおろそかにしがちです」
ももちー「これがまずいんだよね。自己防衛をしてない時点で、相手にとっては格好のエサなんだよ。
     『弱い自分のデータを盗んだところで…』と思う人もいるだろうけど、これは逆に
     『美味しいアイテム(金)を手に入れるまで泳がせておこう』と思わせるだけなの。
     極端だけど
     『オンラインゲームをプレイする=業者などに目をつけられる』
     ぐらいの心構えを持った方がいいと思うな」
ルファイ「業者が入り込めない(入るほどの理由がない?)ようなゲームもあるかも知れませんが、警戒は高くしておいて損はないですよ」

(次回に続く……)



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply