妖精の森へようこそ(妖精の家)・中

千星華(チセカ)

入れません
は、入れん!(3Dスクリーン)

前回はこちらから

妖精の森へようこそ(忘れられた森の家)・庭

庭が狭く感じるなああと入り口周りを光らせすぎたかもしれない。仕草フルート怒涛の4連発当たりで明日どうなるのかびびってる(挨拶)。こんばんは、千星華です。



引き続き内部の紹介。
外は忘れられた森の家なんだけど、中は妖精の家を色だけ変えて使ってます。
中までぼろぼろにする理由はないし、何より隠れ家的な家みたいでいいでしょ?w

玄関から
1階はベッド・貯金箱・タンス・タロットテーブルなど、使う物を中心に置いてます。
プラネタリウム+スライムチャイムは引き続きこっちで使ってます。
明かりも消してるし、ここらは前のおとぎ話の家と変わらないですね。

1階真下
1階の真下にアルビノルーの隠し部屋、風呂場、リビングをまとめてます。
ルファイ達3人は、スクリーンを見つつご飯を食べてると言う設定です。
後はもらった物を適当にぽんぽんと置いてたり。

地下1階左から
名俳優(?)の肖像画がずらりと並んでますね(棒)。
どう見ても戦隊の敵軍団にしか見えない? HAHAHA、気にしたら負けSA!

地下1階右から
ブースカ劇場もといプスゴン劇場の劇がこれから始まります。
人気だから立ち見の人も多いようです。
(これソファをもっと増やせばそれっぽく見えるな。後で買ってこよう)

スクリーン
吊るしランプは1階から見ると変なんですが、それはそれで特殊照明っぽいかなと思ってぶら下げてます。
そもそも1階から見下ろす事そうそうないから、気にしても仕方ないわな。
鉱石のペンダントライトがもう1つ欲しい。バザー見たら1個7万で絶句だよ!!
(欲を言うなら、モンスターの像も少し置けばもっと劇っぽくなるんだけどね…)


ところで

1階から地下1階を見下ろす
やり込んでるハウジング好きなら気づいてるかもしれませんが、妖精の家と遺跡風の家の内部はほとんど同じタイプです。
違うのは1階の真下が噴水になってるかと地下1階の大スクリーンですね。
そのため、ももちーとルファイのハウジングが被りそうな問題が出てきてしまいました。

どちらかの家を別のにするかも考えたのですが、妖精の家をいきなり手放すのも嫌だし、ももちーはメルヘン家に戻すと大量のぬいぐるみをどうやって魅せるかで悩む羽目になる。
うちの3人は家をスタジオなどの施設にする気はなく、いかに生活感や利便性を保ちつつ飾り付けるかで工夫してるので、なかなか難しい状態です。
手持ちの家がダメなら、来年のダイヤ特典狙いで今からショップで2400~2500円使うのもありかなあ…と考え中です。
気が早いだろとツッコミが来そうだけど、特典家は毎年いいのが来てますからね~。
(来年のがダメでも、過去のパラダイス家や古城を選ぶ手もありますからね)

ももちーのハウジングも、ぴったりハマるのを思いつければいいなあ…。
それではノシ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply